社労士と司法書士試験どっちを目指すべき!?

社労士と司法書士どっちを目指すべき悩んでいる方も多いでしょう。

コスパはどっちがいいのか大変気になるところではあります。

ちなみに私は両方取りたいと思っています。

ただ優先順位的には司法書士試験です。

士業同士どっちがいいんでしょうか?

今回は両者の優劣を調べた限り、まとめてみたいと思います。

私が調べた結果、

司法書士の方がやはりいいみたいです。

私もこの点には同感です。

まず理由に多く挙げられていたのが、仕事が多く高収入だという点です。

社労士はちょっと飽和状態にあるという記述もありました。

まぁさすがに、司法書士となるとネームバリューもすごいですし、すぐにでも独立できる資格ですからね。

社労士はその点ちょっと弱いのかな?とも思います。

ただ、他士業との組み合わせ抜群な気がします。

そして司法書士試験だと隣接資格が取りやすいという点も非常に大きな点だと思います。

行政書士試験にもちょっとの勉強で合格できると思います。そして、宅建士試験もアドバンテージがあります。

こんだけ取り易くなります。そして司法書士から弁護士にというルートもなきにもあらずです。

一方、社労士試験は社労士でしかありません。

それは年金アドバイザーとかFPとかは取りやすいのかもしれませんが、あまり魅力的な資格とは言えないでしょう。

このようにその後の資格取得を考えても司法書士試験の方がメリットが大きいような気がします。

ただ、私は冒頭でも説明した通り、社労士も取ります。

社労士を取れば、役に立つこともあるでしょうし、生活の面でも安心して暮らせると思います。

結局のところ、どっちが取るかは自分次第となります。

もちろん、メリットの多い方を選ぶというのも正解ですが、自分の学びたいという気持ちを重視して決めるのもありだと思います。

最終的に合格しないとまったく意味のないものとなってしまうからです。

知識はある程度残るので役に立つとは言えますが、業務は行えません。

なので、収入面から考えると合格する以外は無意味といえるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク