行政書士試験とのレベルの違いに愕然とした

一応、私は行政書士試験合格者です。

まだ登録はしていません。

司法書士試験の勉強しはじめて思ったことは、レベルが違うことです。身をもって体感しました。

まず、テキストの分厚さ、範囲の広さに愕然としました。

マジですごいと感じました。

同時にコレから全部覚えなければいけないのかと、気が重くなりました。

それもそのはず、行政書士試験でほぼ捨てた商法や会社法が、メインの4科目にはあったし、新しい分野も多数あります。

供託法なんてあったんかいなと思いました。

ちなみにまだ供託法は手つかずです。

行政書士試験の合格者の方、うかつに司法書士試験に手を出すとやけどします(笑)

但し、きっちりと勉強して合格した人ならば、もちろんアドバンテージはあります。

民法も会社法も憲法も被るからです。

ただ、冒頭に書いたようにかなりのレベルの差があります(笑)民法は特に。

とまぁ、とんでもない資格試験に手を出してしまったわけです。

とりあえず、来年度の試験に向けてしっかりと勉強したいと思っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク